ミラボ HOME
3 - - lab? architect? architecture! ...and design etc. blog メール

駅<鉄道

駅<鉄道

駅<鉄道 財団法人吉岡文庫育英会
建築と都市を結ぶ研究助成
「新しいライフスタイルを提案する
これからの駅研究プロポーザル」
最終3組選出(醒井智子と協働)

2003年
都市インフラストラクチャー
(proposal project)
>english
>写真のつづきをみる

住宅地をつくること、そこから人を大量輸送することという
2本の大きな収益のしくみのもとで成立していた鉄道事業は
少子化・SOHOなどの生活スタイルの変化から、そのありかたを問い直す段階に入った。
そこで鉄道事業再生の道を見いだすために
これからの具体的な方向性とリサーチの提案を求めたプロポーザル。

もともと要綱には「新しいライフスタイルのデザイン」が前提になっていたのだけれど
「新しいライフスタイル」なんてものは誰かがつくりだすようなものだろうか?
「デザインされた新しいライフスタイル」から
駅を過剰に巨大化してしまった現状をみなおし
まずは「自分たちの生活」を丹念に観察することから鉄道をまるごと考え直してみた。

今の鉄道が求められているだろう姿(=ものやサービスと人の出会う場所)に寄り添った
コンパクトで使い勝手のよい鉄道事業を提案。
そのリサーチ方法として
「大掃除(いらないものを掃除)」「模様替え(位置の悪いものを移動)」の考え方から
環境整備のきっかけが見いだせるのではないかと考えた。

「わたし」にまつわるできごとを2人で交互に掘り下げ、客観的に記録することから
最終的には、消費者(=鉄道会社のサービスにお金を払う人)・供給者(=鉄道会社)・
生活者(=鉄道会社の提供する環境で生活する人)の三者の重なり部分を見つけ出し
どの立場の人も犠牲になることのない、まわる仕組みをデザインしようとした。